EM菌酵素風呂に使われる素材、米糠について、その1

 米糠といえばぬか漬け・糠床の米糠に決まってます、と書けば簡単なのですが実は奥深いものがあります。
 米糠は、稲穂を脱穀して玄米の状態にした時、薄茶色を帯びてます。この薄茶色をした玄米の皮が米糠、単に糠と言っているものです。
 白米にするときに、もう一工程、精米という工程でこの糠を落として初めて白米となります。いわば糠は白米を作る時の余分なものなのです。
 しかし糠には多くの栄養素が含まれていることは、玄米で炊いたご飯のほうが栄養素が多いという話からわかるとおりです。
 米糠には脂分、フィチン酸イノシトール、フェルラ酸、γオリザノール、食物繊維、鉄分、ビタミンB類、ビタミンEなどが含まれてます。
 まず脂分を見てみましょう。あまり市販されていないのですが米糠を圧搾して絞ったものから米油が得られます。いわば”お米の油”です。ポテトチップスを揚げるのに使うと、軽い感じに揚がるので業務用の食用油脂として大量に使われてます。米油の最大の特徴は、その原料をほぼ国産の米ですべて自給できるところにあります。これが綿実油などだと、海外からの輸入資源に頼らなければならないから、有事の時に資源が欠乏しかねません。この米油にも豊富に脂溶性のビタミンEが含まれています。続く・・・

暖処和光
電話 045-501-0268

230-0038横浜市鶴見区栄町通2−13−2
無料駐車場4台完備
定休日:木曜日

当店への地図
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92230-0038+%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E9%B6%B4%E8%A6%8B%E5%8C%BA%E6%A0%84%E7%94%BA%E9%80%9A%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%EF%BC%93%E2%88%92%EF%BC%92/@35.5083586,139.6884429,18.25z/data=!4m5!3m4!1s0x60185e0076f655c3:0x7afbd88807f44f1d!8m2!3d35.5083536!4d139.6894835